サイト内検索
  • お問い合わせ
  • アクセス・天気
ホーム見る・知るやまねミュージアム > ニホンヤマネ・館長
見る・知る

清泉寮 やまねミュージアム 森の妖精ヤマネ

やまね

■ニホンヤマネとは

ニホンヤマネは、体長約8cm・体重18gほどの大きさで、夜行性の哺乳類です。本州・四国・九州にのみ分布する一属一種の日本固有種で、国の天然記念物に指定されています。リスやネズミと似ていますが、別の種類になります。日本には数百万年前から棲んでいる生きた化石でもあります。森の木の上を生活圏にしていて、冬には、冬眠をします。2007年度に地元北杜市の「小動物」に選ばれました。

ヤマネの特徴

●ヤマネは甘いものが大好きで花や果実、蜜を食べます。トンボやガ、カマキリなどの昆虫も食べます。
●寒い地方では秋から春まで半年もの間、落ち葉や枯れた木の穴の中で眠ります。身体をまんまるくして眠るヤマネは、冬眠中は体温を0℃近くまで下げて動きません。
●ヤマネは小さくて軽いので、木の先の細い枝でも逆さまになり、スケートをするようにスルスルと走り回ります。
●背中に一本の黒い線があります。これは自分を枝と見せかけることで、天敵から身を守るためと考えられます。
●ふさふさのしっぽを持っています。5cmほどの長さのしっぽは、木の上で移動するときにバランスをとるのに役立ちます。

館長 湊秋作

■館長 湊秋作

やまねミュージアム館長、関西学院大学教授、理学博士、和歌山県出身、ヤマネ研究家。小学校教員を24年務めた後、やまねミュージアムの館長に着任。教員時代はビオトープ作り(田んぼ水族館)などをはじめとした環境教育や情報教育に情熱を注いでおりました。
ライフワークはヤマネの総合的研究と国内外のヤマネの研究のネットワーク作り。ヤマネの保護及び、森林保全の具体策研究の他、幼児から企業までの環境教育、原体験教育、田んぼの学校、湿地の保護運動などを行っております。

■著書

清泉の湯 清泉の湯 清泉の湯 清泉の湯
『森のスケーターヤマネ』
(文研出版)
『ヤマネの森を見上げてごらん』(佼成出版社) 『ヤマネのすむ森』
(学研教育出版)
『田んぼの学校』
(農文協)
 他多数著書あり。

清泉寮 ご宿泊のご予約

ご宿泊日

人数 名様    室数

お電話でのご予約・お問合わせ 清泉寮フロント直通電話
0551-48-2111

受付 9:00~22:00 年中無休

詳細検索
ご希望の条件をご自身で細かく
設定して検索できます
予約の変更予約のキャンセル

〒407-0301
山梨県北杜市高根町清里3545
清泉寮